【SEIKO服部金太郎生誕160周年記念】 #コアショップ限定モデル #GPS時計 #アストロン最新5xシリーズ

2020年12月7日 

皆様こんにちは

2階フードコート横の腕時計専門店ミントタイムです。
いつもご愛顧いただきありがとうございます。

 

今日は、GPS腕時計をご紹介します。
GPSと言えば皆さん腕時計ではなく、まっさきにカーナビなどが思い付くでしょう。
GPS機能を搭載した腕時計が登場したのは2012年、セイコーが初めてのGPS腕時計「アストロン」を発売しました。
それまでは、衛星電波を利用したGPS機能は電池の消耗が速く、そしてGPSのムーブメントも大きいため、電源コードを繋げての充電が出来るカーナビやスマートフォンでしか使えなかったのです。


GPSとはGlobal Positioning System(グローバル・ポジショニング・システム)の略で、地球上での現在位置を測定するためのシステムのことです。
GPS腕時計は衛星シグナルをキャッチし、青空さえあれば世界のどこでも現在時刻をすばやく取得出来ます。

 

そんな便利のGPS時計から、今回は服部金太郎 生誕160周年記念限定モデルをご紹介します。

服部金太郎は、セイコーの創業者であり日本の時計産業の近代化を牽引した人物で、セイコーを現在の様な世界的なメーカーに育て上げ「東洋の時計王」と呼ばれました。
「常に時代の一歩先を行く – ONE STEP AHEAD OF THE REST -」という理念のもと、セイコーは数多の革新的な製品を生み出してきました。

 

服部金太郎さんの誕生160周年にあたる2020年。
最先端技術の象徴「セイコーアストロン」史上最小最薄の「5Xシリーズ」を搭載した、「服部金太郎 生誕160周年記念限定モデル」が登場です。

創業者を記念するモデルに相応しい威厳ある堂々とした佇まいをイメージした「ブラック」をベースに、「ゴールド」のアクセントのデザインが特徴。
軽量なチタン素材に「スーパーブラックダイヤシールド」でコーディングされ、重厚な存在感を放ちます。
「スーパーブラックダイヤシールド」とは従来の硬質コーティングと比べ約1.5倍、セイコー独自の表面加工技術「ダイヤシールド」と比べても約1.2倍の硬度を備えた加工技術で、非常に傷が付きにくく新品の輝きが長持ち。

 

ベゼル部には、硬く耐擦傷性に優れた「ジルコニアセラミックス」を採用。その頑丈性は「人工ダイヤモンド」とも呼ばれ、いままでの欠けや割れやすく脆いといった欠点を克服しセラミックスの美しく柔らかな光沢を保ちます。
160周年にちなんだ16面カットを施しており、豊かで立体的な光の表情と、その光沢感のある輝きがいつまでも味わえる特別な仕上げとなり、ブラックをベースとした立体的なダイヤルを際立たせます。

裏蓋には服部金太郎の理念である「 ONE STEP AHEAD OF THE REST (常に時代の一歩先を行く)」と“KINTARO HATTORI”の刻印。


交換用バンドとして、華やかな金色のステッチが映えるオイルマット仕上げのクロコダイルレザーストラップが付属しています。
格調高い雰囲気をまとい、フォーマルな場に一層相応しいスタイリングにもぴったりです。

 

「丸角Sマーク」の特製ピンバッジ
金太郎が1900年(明治33年)に登録したセイコーの前身である服部時計店の商標「丸角Sマーク」を立体的にかたどったピンバッジが付属します。

前回の服部金太郎100周年記念モデル(8Xシリーズ)と比べ、
サイズを更にコンパクトにした上、バッテリーがより長持ちに。
新設計モジュール及び圧倒的な運針スピードにより、わずか10分の1の速さで時刻修正が可能。
ホーム/ローカルタイム(24時間)ワンプッシュで切り替えが瞬時に可能。
4つのGPS衛星からの自動時刻受信を1日に最大2回実行するアストロンだけのスーパースマートセンサー機能。

などが搭載しております。
実際に使って頂くとより便利さがお分かり頂けると思います。

 

常に進化し続けるセイコーアストロン、みなさまも是非店頭でご覧になってみてはいかがでしょうか?
皆様のご来店をお待ちしております。

ミントタイム倉敷店は、セイコーグローバルブランドコアショップに認定されています。

 

*セイコーグローバルブランドコアショップとは、プロスペックス、プレザージュ、アストロンなどセイコーがグローバルに展開する主力コレクションを豊富に取り揃えた店舗です。
コアショップでのみ購入いただくことのできる製品もあり、より充実した品揃えと豊富な製品知識を持つ店舗です。
(岡山県内では限られた数店舗のみ)